小児泌尿器科

多くのお子様は、自分の症状を上手く言葉で表現することが出来ません。
病気によっては乳幼児期だけでなく、思春期を越えて青年期や成人になっても身体的、精神的なケアが必要なこともあります。

こんな症状ありませんか

子育て中の親御さんの中には「これって普通なの?」と思うことが多々あると思います。
また男の子の状態についても、お母さんがわからないのは勿論、お父さんも子供の頃のことは忘れているものです。
家庭内で悩まず、お子様の様子で「あれ?」と思うことがある場合は、ご相談ください。

夜尿症

夜尿とは、おねしょのことです。
5歳以降になっても続く夜尿を夜尿症と言います。
女の子に比べて男の子に多く、月1回以上の夜尿を認めるのは5〜9歳で約11%、10〜14歳で約4%と言われています。
また昼間にも尿失禁や頻尿などの症状を伴う場合があり、夜尿症全体の15〜40%で認めます。
また別の病気が隠れている場合もありますので、きちんとした問診が重要になってきます。

包茎

陰茎先端の亀頭部が包皮で被われており露出していない状態を包茎と言います。生まれたばかりの男の子はこの状態が正常であり、成長とともに包皮と亀頭が徐々にはがれていきます。特に症状がない場合、治療の必要はありませんが、包皮が赤くはれて痛みがでる亀頭包皮炎や、尿がスムーズに出ずに包皮が膨らむ状態の場合には治療が必要です。

水腎症

腎臓で作られた尿が腎盂や尿管、膀胱、尿道を通って体外に出る経路のどこかに異常があり、腎臓に尿がたまり腫れた状態を水腎症といいます。
感染症や腎機能の低下を引き起こす場合もあります。水腎症を起こす病気はたくさんあるので何の病気なのか調べる必要があります。

停留精巣

陰嚢内に精巣が入っていない状態を言い、予定日周辺で生まれた男の子でも100人に3人くらいの確率で起こると言われています。
そのまま放っておくと、将来不妊や精巣がんなどの危険性が上がるので治療が必要になります。